RFアンプチップの世界市場状況と2025年までの予測:企業·地域·種類·用途別

QYResearchが発行した調査報告書(QYR805J0286)
◆商品コード:QYR805J0286
◆発行会社(リサーチ会社):QYResearch
◆発行日:2018年4月4日
◆ページ数:147
◆レポート形式:日本語 / PDF
◆納品方法:Eメール(受注後3営業日)
◆調査対象地域:グローバル
◆産業分野:Electronics & Semiconductor
◆販売価格オプション(消費税別)
Single User(1名様閲覧用)USD4,250 ⇒換算¥459,000見積依頼/購入/質問フォーム
Enterprise(同一法人内共有可)USD8,500 ⇒換算¥918,000見積依頼/購入/質問フォーム
販売価格オプションの説明はこちらでご利用ガイドはこちらでご確認いただけます。
※お支払金額は「換算金額(日本円)+消費税+配送料(Eメール納品は無料)」です。
※本体価格が¥30,000未満のレポートにつきましては、ハンドリングチャージ¥5,000が別途かかります。
※Eメールによる納品の場合、通常ご注文当日〜2日以内に納品致します。
※レポート納品後、納品日+5日以内に請求書を発行し、お客様宛に郵送いたしますので、請求書発行日より2ヶ月以内に銀行振込にて支払をお願いします。
※弊社H&Iグローバルリサーチ株式会社はQYResearch社の日本における正規代理店です。同社発行の市場リサーチレポート及びリサーチサービスに関するお問い合わせは弊社までお願い致します。QYResearch社の概要及び新刊レポートはこちらでご確認いただけます。

【レポートの概要】

概要
当レポートでは、世界各地のRFアンプチップ市場について調査し、企業、地域、製品の種類及び最終産業の角度から、世界のRFアンプチップ市場の状況と予測を分析し、製品種類、用途、主要な企業のプロファイルなどをまとめています。

世界のRFアンプチップ市場は2017年にXX万米ドルに達、2017年から2025年までの間に年率20%のCAGRで成長し、2025年末までにはXX万米ドルになると予想されています。

地理的には、当レポートは、販売量、売上、市場シェアおよび成長率で、主要な地域に以下のセグメントに分けています。
北アメリカ(アメリカ、カナダ、メキシコ)
ヨーロッパ(ドイツ、イギリス、フランス、イタリア、ロシア、トルコなど)
アジア太平洋地域(中国、日本、韓国、インド、オーストラリア、東南アジア(インドネシア、タイ、フィリピン、マレーシア、ベトナム))
南アメリカ(ブラジルなど)
中東およびアフリカ(北アフリカおよびGCC諸国)

当レポートでは、以下の主要な企業は記載されています。
Skyworks
Broadcom
Qorvo
Infineon
NXP(Freescale)
Microchip Technology
Murata
Qualcomm
Texas Instruments
Analog Devices
Maxim Integrated
IDT
製品種類によって、製品の世界市場は主に以下の種類に分けています。
RFパワーアンプ(PA)
RF低ノイズアンプ(LNA)
エンドユーザー/用途によって、製品の世界市場は以下のセグメントに分けています。
電気通信
コンシューマエレクトロニクス
その他

【レポートの目次】

目次

1 RFアンプチップの世界市場概要
1.1 製品概要
1.2 世界市場:種類別
1.2.1 RFパワーアンプ(PA)
1.2.2 RF低ノイズアンプ(LNA)
1.3 世界市場の分析:種類別
1.3.1 販売量と成長率
1.3.2 販売量と市場シェア(2013-2018)

1.3.3 売上と市場シェア(2013-2018)

1.3.4 製品の平均価格(2013-2018)

1.4 北アメリカ市場の分析:種類別
1.5 ヨーロッパ市場の分析:種類別
1.6 アジア太平洋市場の分析:種類別
1.7 南アメリカ市場の分析:種類別
1.8 中東とアフリカ市場の分析:種類別

2 RFアンプチップの市場競争:企業別
2.1 販売量と市場シェア(2013-2018)

2.2 売上と市場シェア(2013-2018)

2.3 製品の平均価格(2013-2018)

2.4 トップ企業の製造拠点分布、販売量地域、製品種類
2.5 市場の競合状況と動向
2.5.1 市場の集中率
2.5.2 上位5社、10社の市場シェア
2.5.3 企業合併、買収(M&A)、拡張

3 主要な企業のプロファイル
3.1 Skyworks
3.1.1 基本情報、製造拠点、競合他社
3.1.2 製品のカテゴリ、用途、仕様
3.1.3 Skyworksの販売量、売上、価格、売上総利益(2013-2018)
3.1.4 主要な事業概要
3.2 Broadcom
3.2.1 基本情報、製造拠点、競合他社
3.2.2 製品のカテゴリ、用途、仕様
3.2.3 Broadcomの販売量、売上、価格、売上総利益(2013-2018)
3.2.4 主要な事業概要
3.3 Qorvo
3.3.1 基本情報、製造拠点、競合他社
3.3.2 製品のカテゴリ、用途、仕様
3.3.3 Qorvoの販売量、売上、価格、売上総利益(2013-2018)
3.3.4 主要な事業概要
3.4 Infineon
3.4.1 基本情報、製造拠点、競合他社
3.4.2 製品のカテゴリ、用途、仕様
3.4.3 Infineonの販売量、売上、価格、売上総利益(2013-2018)
3.4.4 主要な事業概要
3.5 NXP(Freescale)
3.5.1 基本情報、製造拠点、競合他社
3.5.2 製品のカテゴリ、用途、仕様
3.5.3 NXP(Freescale)の販売量、売上、価格、売上総利益(2013-2018)
3.5.4 主要な事業概要
3.6 Microchip Technology
3.6.1 基本情報、製造拠点、競合他社
3.6.2 製品のカテゴリ、用途、仕様
3.6.3 Microchip Technologyの販売量、売上、価格、売上総利益(2013-2018)
3.6.4 主要な事業概要
3.7 Murata
3.7.1 基本情報、製造拠点、競合他社
3.7.2 製品のカテゴリ、用途、仕様
3.7.3 Murataの販売量, 売上, 価格、売上総利益(2013-2018)
3.7.4 主要な事業概要
3.8 Qualcomm
3.8.1 基本情報、製造拠点、競合他社
3.8.2 製品のカテゴリ、用途、仕様
3.8.3 Qualcommの販売量、売上、価格、売上総利益(2013-2018)
3.8.4 主要な事業概要
3.9 Texas Instruments
3.9.1 基本情報、製造拠点、競合他社
3.9.2 製品のカテゴリ、用途、仕様
3.9.3 Texas Instrumentsの販売量、売上、価格、売上総利益(2013-2018)
3.9.4 主要な事業概要
3.10 Analog Devices
3.10.1 基本情報、製造拠点、競合他社
3.10.2 RFアンプチップ 製品のカテゴリ、用途、仕様
3.10.3 Analog Devicesの販売量、売上、価格、売上総利益(2013-2018)
3.10.4 主要な事業概要
3.11 Maxim Integrated
3.12 IDT

4 RFアンプチップの世界市場状況:地域別
4.1 市場状況と予測
4.1.1 市場規模と年平均成長率
4.1.2 北アメリカ
4.1.3 アジア太平洋
4.1.4 ヨーロッパ
4.1.5 南アメリカ
4.1.6 中東とアフリカ
4.2 販売量と売上
4.2.1 販売量と市場シェア(2013-2018)

4.2.2 売上と市場シェア(2013-2018)

4.2.3 販売量、売上、価格、売上総利益(2013-2018)

4.3 北アメリカ市場:販売量、売上、価格、売上総利益
4.3.1 アメリカ
4.3.2 カナダ
4.3.3 メキシコ
4.4 ヨーロッパ市場:販売量、売上、価格、売上総利益
4.4.1 ドイツ
4.4.2 イギリス
4.4.3 フランス
4.4.4 イタリア
4.4.5 ロシア
4.4.6 トルコ
4.5 アジア太平洋市場:販売量、売上、価格、売上総利益
4.5.1 中国
4.5.2 日本
4.5.3 韓国
4.5.4 東南アジア
4.5.4.1 インドネシア
4.5.4.2 タイ
4.5.4.3 マレーシア
4.5.4.4 フィリピン
4.5.4.5 ベトナム
4.5.5 インド
4.5.6 オーストラリア
4.6 南アメリカ市場:販売量、売上、価格、売上総利益
4.6.1 ブラジル
4.7 中東とアフリカ市場:販売量、売上、価格、売上総利益
4.7.1 北アフリカ
4.7.2 GCC諸国

5 RFアンプチップの世界市場状況:用途別/エンドユーザー別
5.1 用途別セグメント
5.1.1 電気通信
5.1.2 コンシューマエレクトロニクス
5.1.3 その他
5.2 用途別の売上と市場ショア
5.2.1 売上
5.2.2 売上と市場シェア(2013-2018)

5.3 北アメリカ市場の売上と市場ショア:用途別
5.4 ヨーロッパ市場の売上と市場ショア:用途別
5.5 アジア太平洋市場の売上と市場ショア:用途別
5.6 南アメリカ市場の売上と市場ショア:用途別
5.7 中東とアフリカ市場の売上と市場ショア:用途別

6 世界市場の予測
6.1 販売量と売上の予測(2018-2025)

6.1.1 販売量と成長率(2018-2025)

6.1.2 売上と成長率(2018-2025)

6.2 地域別の予測
6.2.1 北アメリカ市場(2018-2025)

6.2.2 ヨーロッパ市場(2018-2025)

6.2.3 アジア太平洋市場(2018-2025)

6.2.3.1 中国
6.2.3.2 日本
6.2.3.3 韓国
6.2.3.4 東南アジア
6.2.3.5 インド
6.2.3.6 オーストラリア
6.2.4 南アメリカ市場(2018-2025)

6.2.5 中東とアフリカ市場(2018-2025)

6.2.5.1 北アフリカ
6.2.5.2 GCC諸国
6.3 種類別の予測
6.3.1世界種類別の予測(2018-2025)

6.3.2 RFパワーアンプ(PA)の予測
6.3.3 RF低ノイズアンプ(LNA)の予測
6.4 用途別の予測
6.4.1 売上の予測(2018-2025)

6.4.2 予測電気通信
6.4.3 予測コンシューマエレクトロニクス

7 上流産業の分析
7.1 主要な原材料
7.1.1 主要な原材料
7.1.2 主要な原材料の平均価格
7.1.3 原材料の調達先
7.2 製造コスト構成の比率
7.2.1 原材費
7.2.2 人件費
7.2.3 製造経費
7.3 産業チェーン分析

8 マーケティング戦略の分析
8.1 マーケティングチャネル
8.1.1 直接マーケティング
8.1.2 間接マーケティング
8.1.3 マーケティングチャネルの発展動向
8.2 代理者
8.3 下流の消費者

9 調査結果と結論

付録
調査手法/研究アプローチ
研究プログラム/デザイン
市場規模の推定
市場の内訳とデータの三角測量
情報源
二次情報源
一次情報源
免責事項



【免責事項】
http://www.globalresearch.jp/disclaimer

★リサーチレポート[ RFアンプチップの世界市場状況と2025年までの予測:企業·地域·種類·用途別]についてメールでお問い合わせはこちらでお願いします。